加藤シゲアキの幼少期は繊細で学童期はいじめっ子!両親(父親や母親)はどんな人?

加藤シゲアキの幼少期や学童期、両親についてまとめ!

スポンサーリンク

NEWSの加藤シゲアキさんが、著書『オルタネート』で「第42回吉川英治文学新人賞」を受賞しましたね!

加藤シゲアキさんは、受賞の喜びをジャニーさんに伝えたいと述べたと同時に、11歳でジャニーズの世界に入って、物語を作ることが出来るという自分の前で、体現していた最初の人だったと感謝の気持ちを述べていますね。

そんな加藤シゲアキさんの幼少期や学童期はどんな子供だったのだろうと気にはなりませんか?

この記事でわかること
加藤シゲアキの幼少期は繊細で学童期はいじめっ子!
加藤シゲアキの両親(父親、母親)はどんな人?

■こちらも合わせて読みたい■

加藤シゲアキ(NEWS)はいつから小説を始めてデビュー作は?「オルタネート』で吉川英治文学新人賞はジャニーズ史上初の快挙!

それでは本題に入りましょう!

加藤シゲアキの幼少期は繊細で学童期はいじめっ子!

加藤シゲアキさんの幼少期からJr.期、現在の動画がありましたのでシェアしますね!

さあさあ!加藤シゲアキさんの繊細だった幼少時から、いじめっ子と変化した学童期について詳しくまとめましたよ!

【幼少期】寂しがり屋で自己防衛に必死だった

加藤シゲアキさん自身、幼少期の自分を「さみしがりやだったかな。」と語っています。

加藤シゲアキさんの両親の教育方針があったためか、幼稚園の頃から1人で寝ていたようです。

小学校1年生から塾に通い、青山学院に進学もしています。

一人っ子で両親が共働きで、人との距離のとり方がヘタだっだわりには、べったりと甘える機会も少なく、率直に感情をぶつける相手もいなかったと。

周りが当たり前のようにできていることが出来ていなくて、ソレになんとなく気づいていた加藤シゲアキさんは、絶対に失敗したくない一心で人と付き合ってきたとも話しています。

【小学校低学年】いじめっ子になった

加藤シゲアキさん、小学校2年生の時には、「いじめられっ子になりたくない一心で、気づかないうちにいじめっ子になっていた」そうですよ!

リスオ

加藤シゲアキさんは「いじめっ子」になってしまったので、クラスメイト全員から無視されてしまいます。

加藤シゲアキさんがいじめっ子になった理由は「虚勢」

嫌われることの怖さもあるけれど、同時に弱者になる恐怖心もあったそうです。

ひろりんこ

個人的には、だからっていじめっ子にならなくてもと思いましたが、いじめっ子になることが、子供の表現なのでしょうね!加藤シゲアキさんもそのころの自分にすごいショックを受けていますし、深く反省もしているようですね!

【小学校高学年】カッコいいって言われたかった

小学校5,6年からは、友達もできて、目立ちだがりで、クラスの中心にいたいタイプだったようですよ!

さらに加藤シゲアキさんの謎の行動もご紹介しますね。

加藤シゲアキさんは、ケンカのシュミレーションをして「自分で自分にケンカを売る」ということもしていたようです。

ひろりんこ

謎!

「自分で自分にケンカを売る」という行為が個人的に謎すぎて調べてみたら、加藤シゲアキさんは「不器用で考えすぎてて物珍しい性格に見える気がする。」と話しています。

 

ひろりんこ

感情表現がストレートな人にはわかりにくい行為ですねえ。

そんないろんな失敗をしながらも、ファッションにもこだわり、自分を大きく見せたくて、カッコいいって言われたい小学校高学年を過ごしていたわけなのですね!

【小学校6年生から中学高校】ジャニーズ事務所へ

さて、加藤シゲアキさんは、子供の頃から芸能界に興味があったようですね。

加藤シゲアキさんは、広島県広島市出身で、4歳から大阪府豊中市で、10歳からは神奈川県横浜市で育ちました。

香取慎吾さんがピアノを弾いていた姿を見て、自分もピアノを習っていたということもあり、憧れを抱いていたようですし、SMAPも好きで、タッキーにも憧れをもっていました。

加藤シゲアキさんが小学校4年生の時に、加藤シゲアキさんの母親がジャニーズ事務所に履歴書を送ってくれたそうで。

ひろりんこ

加藤シゲアキさんは、小学校4年生の時から、何でも出来る芸能界で「やれたらいいな」の気持ちからジャニーズ事務所に応募しました!

応募したことをクラスの友人に話してしまい。

「ジャニーズになれると思ってんの?」と冷やかされながらも、1年半たちようやく返事がきました!

加藤シゲアキさんが小学校6年生の時にジャニーズ事務所から連絡が入り、オーディションに合格してジャニーズ事務所に入所。

『怖い日曜日 友達のJ君』で俳優デビューを果たします。

ひろりんこ

しかし!小学6年生といえば中学受験控えた時期!
すぐに休みを願い出て活動を休止したので、生意気だと思われてしまったのです!

受験後、社長のジャニー喜多川に取り次いでもらえなくとも、諦めなかった加藤シゲアキさん。

加藤シゲアキさんは直接電話をして理解を示していただけることになり、当時、慶應義塾大学に通っていた、櫻井翔くんを紹介してもらったというわけです。

加藤シゲアキさんは、小学校6年生の時のエピソードを通して、行動することの大切さをお話しされていますね。

「何かを変えるには、行動することが大事だと思います」といい、「僕が作家になったのは、事務所の偉い方に直接電話をかけたことが活動につながった。小学6年生の時も、中学受験を控えて一時的にジャニーズ事務所をお休みしていたのですが、戻る時に誰も掛け合ってくれなかったので、ジャニー(喜多川)さんに電話をかけたら『ユー、来ちゃいなよ』と言われて。時に大胆なアクションを起こすことで、みんなの目が変わることもあるなと思いました」と、自身の体験を交えて振り返っていた。引用:Yahoo!ニュース

幼少期、小学校低学年、高学年、ジャニーズ入所を通して、加藤シゲアキさんの子供の頃をまとめさせていただきましたが、とにかく、深く考え込むことが得意なのでしょうか?

ひろりんこ

個人的に思ったことは、加藤シゲアキさんの繊細な一面から来るのでしょうか?プライドの高さや理性もすごく強くて、小さな頃から客観的視点もお持ちで、すごく頭の良い子!
ますます興味深い人だなと思いました!

スポンサーリンク

加藤シゲアキの両親(父親、母親)はどんな人?

加藤シゲアキさんの両親のうち、父親は岡山県出身で、母親は秋田県出身だそうで、「両親が共働きだった」という内容しか判明していません。

加藤シゲアキさんは、ご自身のことは多く語ってくれるのですが、ご両親については語っている形跡がなく、詳しくは公表されていませんね。

加藤シゲアキさんは、一人っ子で、両親の方針から幼稚園の頃から寝ていたとありましたし、小学1年生から塾に通い、青山学院に進学していることから、教育熱心なのかな?という印象もあります。

スポンサーリンク

加藤シゲアキの幼少期や学童期と両親についてまとめ!

加藤シゲアキさんは幼少期の自分を「さみしがりやだったかな。」と話しています。

小学校2年生の時には、「いじめられっ子になりたくない一心で、気づかないうちにいじめっ子になっていた」というわけで、いじめっ子だったそうです。

小学校5,6年からは、友達もできて、目立ちだがりで、クラスの中心にいたいタイプだったようですよ!

小学校6年生の時にジャニーズに入所します。

加藤シゲアキさんのご両親は、共働きだったということしかわかりませんでした。

前述していますが、ジャニーズでは史上初の文学賞受賞で作家としても活動することになった加藤シゲアキさん。

加藤シゲアキさんの作品は実は多くもっていて、いろんなことを考えている人だなあと尊敬もしていました。

これからもますます興味深い加藤シゲアキさんに期待をもっています!

最後までお読みいただき本当にありがとうございました!

■合わせて読みたい■

加藤シゲアキ(NEWS)はいつから小説を始めてデビュー作は?「オルタネート』で吉川英治文学新人賞はジャニーズ史上初の快挙!

スポンサーリンク