草野華余子が高校時代にいじめのあっていたのは本当?カヨコから草野華余子に変えた理由も!

草野華余子は高校の時いじめにあっていた?のブログに使う写真です。

スポンサーリンク

草野華余子さんはアニソン業界でも注目の作家さんです。

紅蓮華の作曲家としてはすでに有名ですよね!

そんな草野華余子さんは高校時代はいじめにあっていたとか?

この記事でわかること
草野華余子は高校の時いじめにあっていた?
草野華余子は高校の時のいじめが原因で名前を変えていた?

それでは本題に入りますね!

草野華余子の高校はどこ?いじめにあっていた?

草野華余子さんの高校は調査したのですが今のところ判明していません。

草野華余子さんは、中学高校時代、いじめにあっていたようです。

草野華余子さんは、いじめにあっていたので、甘え下手になっていたと話されていますよ

甘え下手なんですけど、助けてくれる人がいるというか。
中学、高校ぐらいでいじめられてたからですかね、けっこう人の顔色伺ったりとか。

あと、「相手が求める自分」にならないと必要とされないんじゃないかなって思ってしまうところがあって。

カヨコって名前で活動してたときは、弱い自分じゃなくて、もう一人の関西の肝っ玉姉ちゃんみたいな感じ。みんなが「カヨコ姉さん」って言ってくれるキャラ像を作っておくと、いじめられない、嫌われないで済むって思ってたんですよ。引用:spice

草野華余子さんは、高校時代のいじめが原因で、「カヨコ姉さん」という強いキャラを演じていた時代があったのですね。

草野華余子は高校の時のいじめが原因で名前を変えていた?

2019年、自身の誕生日である2月25日を機に活動名を「カヨコ」から本名の「草野華余子」に改名。
引用:フリー百科事典ウィキペディア

前述した通り、草野華余子さんは、中学高校でいじめのあっていたので、相手の顔色を伺うようになってしまい、「カヨコ姉さん」って言われる強いキャラ像を作っておいた過去がわかりました。

個人的な意見ですが「いじめられる。」原因は自分が弱いからと思いがちですよね。

だから強くならなくちゃと自分を奮い起こそうとすることには共感できますね。

強さの証として「相手が求める自分」にならないと必要にされないと思ったのではないかと思いますし、強いキャラ像を作ることで、もういじめられない、もう嫌われないで済むと思う気持ちもよくわかりますよ。

 

ひろりんこ

いじめは本当に学びになります。いじめられた本人はものすごい成長と遂げている気がします。でもいじめは辛いです。いじめられた本人ではなくて、いじめる相手の方が問題があるようにも思えます。

ただ、強いキャラを作っておくということは、自分を偽っていること。

そこには葛藤を抱きますよね?

それから草野華余子さんは、本当の自分を認めるようになったのですよ!

だけど、そのカヨコと普段の私が一個になり始めて。弱い自分も認められる、カッコ悪い自分とも生きていけるって思えた、“草野華余子”になれたっていうのはありますね。引用:spice

弱い自分も認められるようになった草野華余子さんは、カヨコから草野華余子に戻ったのでした。

高校時代のいじめの体験から深い学びを得てきたのですね!

スポンサーリンク

草野華余子が高校の時いじめにあって得た学びとは

草野華余子さんが高校時代にいじめにあっていたことで、もういじめられないように、嫌われないように、強いキャラを作っていることが判明しました。

しかし、弱い自分もカッコ悪い自分も認められるようになり、カヨコから草野華余子に戻れたことがわかりましたね!

「紅蓮華」って、私が初めてLiSAちゃんに「草野華余子」名義で提供した曲なんです。その曲に、自分の名前の漢字一文字(華)が入っているのもすごく嬉しかったし、「紅」って入ってるから紅白決まるんじゃないかな、って4月の段階で思ってて(笑)。引用:spice

草野華余子さんの名前、華という字が紅蓮華と華と一緒で素敵です。

草野華余子さん素敵ですね!かっこいいです!

草野さんの存在をしれて嬉しいです!これからも応援させてくださいね!

スポンサーリンク