宮沢りえの生い立ちと父親や母親について!幼少時は孤独だった?

宮沢りえの生い立ち!父親や母親についても。

スポンサーリンク

現在宮沢りえさんは、森田剛さんと結婚しています。(2018年4月に結婚。)

「V6」グループ解散、森田剛さんのジャニーズ事務所退所に、宮沢りえさんが後押ししていることで、宮沢りえさんも話題になっています。

宮沢りえさんといえば、プライベートでは、離婚問題、熱愛報道などでマスコミに取り上げられることが多い、現在も美しき実力派女優です。

そんな宮沢りえさんの生い立ちや、宮沢りえさんの父親や母親について。

また、現在は宮沢りえさんにバツイチ子持ちとして子供もいるのですが、宮沢りえさんはどんな幼少期を過ごしたかについてもまとめてゆきたいと思います。

この記事でわかること
・宮沢りえの生い立ち!
・宮沢りえの父親は?
・宮沢りえの母親は?
・宮沢りえの幼少期は孤独だった?

それでは本題に入りますね!

宮沢りえの生い立ち

宮沢りえさんは東京都練馬区出身です。

宮沢りえさんの父親はオランダ人。

宮沢りえさんの母親は”宮沢光子”さんで、宮沢光子さんは、宮沢りえさんが生まれる前、六本木でクラブホステスをしていました。

MEMO
宮沢光子さんは、六本木ホステス時代にオランダ人と恋に落ち、宮沢りえさんを授かり産み落として、単身オランダに渡ります。

父親について

宮沢りえさんの父親はオランダ人でオランダに住んでいるようですが、両親の離婚のために全く交流がないようです。

宮沢りえさんは、父親のことを一切知らずに成長したようですね。

母親の宮沢光子について

宮沢りえさんの母親の宮沢光子さんは、2014年9月23日に肝腫瘍にて64歳の若さで亡くなっています。

宮沢光子さんは、宮沢りえさんの父親のオランダ人と交際し、宮沢りえさんを出産後、赤ちゃんだった宮沢りえさんを実夫(宮沢りえさんの祖父)に預けて、自身は夫のオランダ人とオランダに渡りますが、宮沢りえさんのオランダ人の父親とはうまくいかず、離婚し日本へ帰国します。

日本に帰国した宮沢光子さんは、シングルマザーだから育てられないという理由で、宮沢りえさんが美少女に育ったのをみてから引き取り、りえさんを芸能界入りさせます。

この時から宮沢光子さんは、「りえママ」として、宮沢りえさんのプロデュースを始めるのです。

MEMO
芸能界入りしたのは、宮沢りえさんの本人の意志というよりは、母親の強いプッシュがあったからこそ。宮沢光子さんが帰国後、保険屋外交やホステスを続けながら、宮沢りえさんを育てました。

スポンサーリンク

宮沢りえの幼少期

宮沢りえさんが生まれてすぐに、オランダ人の父親と、母親である宮沢光子さんはオランダに渡ってしまいます。

残された宮沢りえさんはすぐに、宮沢光子さんの実夫に預けられることになりましたが、もう少し詳しくまとめてみようと思います。

幼少期は本当に孤独だった?

赤ちゃんだった宮沢りえさんは、タクシー運転手をしていた、宮沢光子さんの実夫の元へ預けられます。

宮沢りえさんの幼少期は孤独だったのでしょうか?

宮沢りえさんからすると祖父にあたる方に預けられたわけなのですが。

宮沢りえさんは、叔母の家で、祖父の男の子と一緒に兄弟のように育てられたようで、人生で一番幸せな時期だったといっています。

幼少期は愛情いっぱいに育てられた!

宮沢りえさんは、小学生までは叔母さんに育てられたようですよ。

しかも愛情をいっぱい注いでくれたとか。

宮沢りえさんの母親は、異性関係に関しては派手で、しかも関係が長続きしなく、家庭環境や家族構成は複雑だっただとか。

とはいえ、幼少期に関って下さった叔母の愛情をたくさん受けたお陰もあり、宮沢りえさんの人格の土台がこの愛情によって作られたのではないかと想像します。

現在も品性高くいつも一生懸命で実力があり、あのウィスパーボイスや、優しい眼差しは、幼少期に築いた愛情の土台かと思われます。

宮沢りえさんの幼少期は決して孤独な時間ばかりではなかったようですね。

宮沢りえの生い立ちまとめ

宮沢りえさんの生い立ちについて、改めてまとめてみましたがいかがでしたか?

【宮沢りえ】
オランダ人の父親と日本人の間に生まれたハーフ。
11歳でモデルデビューし、雑誌『週間セブンティーン』(当時)の表紙モデルとなる。
マネージャーを務めていた母親(通称・りえママ)と共に芸能活動を続けるが、婚約解消、交際報道、拒食症、芸能マスコミのバッシング報道が相次ぎ、一時芸能活動休止状態になるも、2002年の映画『たそがれ清兵衛』以降、高い演技力が評価されて、実力派女優として活躍しています。

現在は森田剛さんの奥様として、森田剛さんを支えてゆきながら、さらに大物女優として活躍してゆくに違いありませんね。

今後の活躍に大いに期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク