長崎の五島列島のベストシーズンはいつで行き方は?世界遺産もある!

長崎県の五島列島を思わせる写真です。

長崎の五島列島は、自然豊かで世界遺産もあるのだとか!

長崎の五島列島についてまとめてゆきますね!

この記事でわかること
長崎の五島列島のベストシーズンはいつ?
長崎の五島列島にはどうやって行く?
長崎の五島列島に世界遺産がある?

それではよろしくお願い致します!

スポンサーリンク

長崎の五島列島のベストシーズンはいつ?

長崎の五島列島のベストシーズンは、海水浴をするなら7月〜9月の夏休みです!

海水浴目的でなければ、五島列島はメインとなる教会巡りはどの季節でも楽しめます

冬ならば観光客が少なくゆったりと巡れます。目的によってベストシーズンは異なりますが、基本的にはどの季節に長崎の五島列島を訪れても楽しめるということになりますね!

MEMO
長崎の五島列島では毎年1月には「へトマト」という、国の重要無形民俗文化財に登録されている奇祭も開催されますよ!

長崎の五島列島へはどうやって行く?

長崎県の五島列島へは、長崎や佐世保から船を使って行きます。

長崎空港

長崎港ターミナル(長崎市内行きのリムジンバスで大波市バス停下車)

福江港まで(高速船で最速1時間40分)

リス子

長崎港から福江港までの高速船は、11時30分前後の出発の高速線乗ると、福江港には13時から14時に着きますよ。1日目はこの時間を目安にしましょう!

福江港に到着したら、レンタカーを借りましょう!

五島列島は電気自動車(EV)の先進地になっています。

電気自動車で環境に優しいドライブを楽しみましょう!

https://twitter.com/fBAbgROyec3WN7u/status/1335964270383644672?s=20

長崎の五島列島は、「日本一美しい」という声が多数聞かれる白い砂浜、透き通った海で遊べる、癒しの楽園で、長崎県の大小152の島々からなる列島です。

長崎の五島列島は九州西方にある列島で、長崎港から西に100kmに位置します。

長崎の五島列島の中心となっているのは、以下の5つの島になります。

  • 最も大きな福江島(ふくえじま)
  • 2番目に大きな仲通島(なかとおりじま)
  • 若松島(わかまつじま)
  • 奈留島(なるしま)
  • 久賀島(ひさがしま)

長崎の五島列島に世界遺産がある?

長崎県の五島列島の世界文化遺産は「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」です。

2018年7月、第42回ユネスコ世界遺産委員会世界文化遺産の登録を果たしました。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産は、五島のみならず、長崎県全体に渡り、12の資産で構成しています。

  • 原城跡

  • 平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)

  • 平戸の聖地と集落(中江ノ島)

  • 天草の﨑津集落

  • 外海の出津集落

  • 外海の大野集落

  • 黒島の集落

  • 野崎島の集落跡(五島列島)

  • 頭ヶ島の集落(五島列島)

  • 久賀島の集落(五島列島)

  • 奈留島の江上集落(五島列島)

  • 大浦天主堂

リス子

時代は江戸にまで遡りますが、当時キリスト教を信仰していた人々が、徳川幕府によって禁教とされた際に、この五島に救いの地として求めたんんだね!
危険な船旅を潜り抜けて、離島(五島)に移り住むことで信仰を隠して仲間と集落を形成したっていう歴史を伝えようと世界遺産登録を目指していたんだけど、それが2018年に登録を果たしたってわけですね!

ひろりんこ

五島列島は美しい景色だけではなく、深い歴史の秘められた地だったのですね!

スポンサーリンク

長崎の五島列島まとめ

長崎の五島列島のベストシーズンや、行き方をまとめました。

実は世界遺産に登録していたことも判明!

ひろりんこ

長崎県の五島列島!ますます興味深く、訪れたい土地となりました!

季節問わず、素敵な地、長崎県五島列島。

ぜひ訪れて見てくださいね!