澤田純【NTT社長】の学歴と年収が凄い!アメフト選手時代も気になる!

澤田純(NTT社長)の学歴や年収についての記事について使用した写真です。

スポンサーリンク

澤田純(NTT社長)社長は、総務省幹部に対する違法接待疑惑で話題になっていますね。

総務省の幹部を務めていた、前内閣広報官、山田真貴子氏や、谷脇総務審議官に対しても、計3回に渡って50万円以上の高額接待をしたと波紋を呼んでいます。

そんな澤田純(NTT社長)社長がどんな人物なのか気になるところです。

この記事でわかること
澤田純(NTT社長)の学歴がすごい!
澤田純(NTT社長)の年収はいくら位?
澤田純(NTT社長)のアメフト選手時代とは?

それでは本題に入ります。

澤田純(NTT社長)の学歴がすごい!

澤田純(NTT社長)社長の学歴をご紹介します。

澤田純(NTT社長)社長の出身高校は、京都府立桂高等学校です。

澤田純(NTT社長)社長は京都府立桂高等学校に1971年に入学して、1974年に卒業されています。

京都府立桂高等学校の偏差値は44-55で、京都府内では250件中83位、京都府内公立内では141件中36位、全国では10,022件中2362位なので、高校は中の上くらいの成績でしょうか?

澤田純(NTT社長)社長の出身大学は、京都大学工学部土木工学科で、1974年4月に入学し、1978年(昭和53年)3月に卒業しています。

京都大学工学部の偏差値は67.5なので難関です!かなり優秀だったのでしょうね!

ここで澤田純社長の簡単なプロフィールをご紹介します。

1978年4月、日本電信電話公社(現NTT)入社。
2008年、NTTコミュニケーション取締役、2012年副社長。
2014年、NTT副社長。
2016年、NTTセキュリティ社長を経て現職。
座右の書は『両国立志編』
座右の銘は『integrity(誠実)』
趣味は散歩、読書、ラグビー観戦

澤田純社長自身、大学を卒業してから今まで印象に残っている仕事について、お話しされていることですが、

澤田純社長は京都工学科(土木工学科)出身なので、最初は電柱や鉄蓋、マンホールなどの所外設備の開発を担当していたようです。

支店の課長時代はクレームで月3分の1は深夜に起こされ現場に駆けつけたり、米国では事務所の開設から取り組んだそうで、東京、渋谷でも創業支援を手がけていたようですね。

さらに、前任者がいない仕事が多かったようですよ。

リスオ

前任者がいない仕事が多かったのに、本当に多岐にわたる業務を手がけられた秘訣ってなんなのでしょう?

澤田社長は、その秘訣をこう話しています。

  • まずどれだけ自分が知らないかを認識する。
  • 大阪弁で言うと「ええ格好をしない」。
  • 相手の話を聞き、なぜそういう構造になっているのかを調べ、計画をたてて変えていく。
  • 反発を受けることもあるが、データを集めて見える化し、前提として自分が責任を誠実に業務に取り組み、信頼を得なければうまくいかない。

また澤田社長は、デジタル化が進展する世の中で、デジタル化を支援しながらも、最後の決めては人になる。

人を中心に置く考え方をベースにローカル性を尊重し、ローカルに多くの権限を持たせた運営をしていくとも仰っています。

澤田社長は、即断即決の力は群を抜いていると評判ですよね!

澤田社長は、三菱商事やトヨタ自動車との連携などを進め、その改革を支える「華麗な人脈」などでも有名な人物として知られていますものね!

スポンサーリンク

澤田純(NTT社長)の年収はいくら位?

澤田純社長の年収については、約5000万円程度ではないかという説が有力かもしれません。

澤田純社長の年収を、5000万円とした根拠を説明します。

NTTの2019年の役員報酬を示した表をみてみましょう。

取締役及び監査役の報酬等の総額(2019年度)

区分 支給人数 報酬等の額
取締役 15名 5億9千700万円
監査役 7名 1億1900万円
合計 22名 7億1600万円

澤田純社長は、取締役社長という重要なポストです。

取締役の5億9千700万円を15人で割り、一人当たりに換算すると3980万円になりますが、こちらの平均よりも多いと予想されます。

MEMO
NTT社員の現在の平均年収は、平均年齢を41.1歳とした時、922.2万円になっています。

ちなみに、澤田純社長は、「年収1億円超」の上場企業役員ランキング500にはいませんでした。

「年収1億円超」の上場企業役員ランキング500

MEMO
「携帯各社トップの役員報酬も併せてどうぞ」
・ソフトバンクグループの孫正義・代表取締役会長兼社長は2億900万円。
・KDDIの高橋誠・代表取締役社長は1億9800万円
・NTTドコモ吉沢社長は1億円未満で開示対象外で、NTTドコモ社長は「年収でも3番手」

以上の根拠や情報をふまえて、澤田純社長の年収を、5000万円と想定しました。

スポンサーリンク

澤田純(NTT社長)のアメフト選手時代とは?

澤田純(NTT社長)社長は、京都大学在学中に、アメフト部(アメリカンフットボール部)に所属していました。

澤田純社長は、京都大学のアメフト部(アメリカンフットボール部)を、体力と能力の限界を感じて1年でやめてしまったものの、多くの学びを得たようです。

澤田純社長が、アメフトから得たことをご紹介しますね。

1年で辞めたとはいえ、アメフトから得たことも大きい。

コーチの指示の意味がわかないまま違うコースを走ってプレイをつぶし、しばらく試合に使ってもらえなかった経験があり、「聞くは一時の恥きかぬは一生の恥」だと肝に銘じるようになりました。

アメフトを通じた人の輪も広がっています。在籍したメンバーには企業のトップを務めている人が何人もおり、土木の同期にもアメフト仲間が数人いて今も数ヶ月ごとに集まっています。
引用:KYOTO UNIVERSITY FUND

また、澤田純社長は、京都大学という自由の学風の中に身を置けたことが、何にも代え難い経験だとも話されています。

自由とすべて自己責任ということ。自ら考え、学び、行動しなければ何も起こりません。しかも多様な人たちと接する中では、いろいろな考え方を受容し、ある面では強調しある面では自らリードすることも必要ですと。

大学生活で学んだことは、ビジネスの世界でも活かされているのではないでしょうか?

アメフトの仲間や工学科の仲間には企業のトップを務めるにとが何人もいて、今でも交流があるようですね!

澤田純社長の「人は財産」と考えているということは有名ですよね!

澤田純(NTT社長)の学歴、年収、アメフト時代まとめ!

澤田純(NTT社長)の学歴、年収、アメフト時代についてまとめました。

澤田社長の出身高校は、京都府立桂高等学校で、出身大学は京都大学工学部土木工学科でした。

京都大学在学中で経験したアメフト部では、貴重で素晴らしい経験をしたようですね!

業界内の評判もとてもよく、素晴らしい経歴に個人的に感動もしているのですが、高額接待問題が公になってしまったのは残念ですね。

澤田純社長はどのように責任を取るのでしょうか?

今後の澤田純社長の動きに注目です!

最後までお読みいただき本当にありがとうございました!

スポンサーリンク