YOASOBIのアヤセはいつからピアノをやっている?幼少期も気になる!

YOASOBIのアヤセがいつからピアノをやっているのか?に使用した写真です。

YOASOBI(ヨアソビ)は「小説を音楽にする」というコンセプトで活動する、Ayase(アヤセ)とikura(いくら)の2人組の音楽ユニットです。

アヤセは、ボーカロイドプロデューサーです。
(ボーカロイドとは、コンピューターで歌声を合成する手法で、アヤセさんはプロデューサーです。ボカロPとも言われます。)

ひろりんこ

ヨアソビのいくらさんは歌唱力が抜群で可愛いし、アヤセさんはクールでかっこいいですよね!アヤセさんはいつからピアノをやっているんだろう?
この記事でわかること
YOASOBIのアヤセはいつからピアノをやっているの?
YOASOBIのアヤセの幼少期を知りたい!
YOASOBIのアヤセのプロフィール

調査してゆきますね!

スポンサーリンク

YOASOBIのアヤセはいつからピアノをやっているの?

YOASOBIのアヤセさんは、3、4歳からピアノを始めました。

ピアノの先生だった祖母の影響で、家にピアノが置いてあり、物心ついた頃から当たり前のように弾いていたようですね。

YOASOBIのアヤセさんが本格的にピアノを習い始めたのは、5歳からです。

中学生くらいまではずっとピアノをやってました。

ひろりんこ

YOASOBIのアヤセさんが、あの素晴らしい楽曲を、自ら作り始めたのはいつなんだろう?

YOASOBIのアヤセさんが自ら楽曲を作り始めたのは、16歳でバンド活動を始めたタイミングです。ボーカル兼バンドリーダーだったらしく、曲を作りたいという意思と共に、曲づくりをするのは自分だと思っていたようですね。

YOASOBIのアヤセの幼少期を知りたい

前述した通り、YOASOBIのアヤセさんは、5歳からピアノを習っています。

中学生くらいまではずっとピアノをやっていました。

YOASOBIのアヤセさん、幼少期は仮面ライダーや戦隊モノが好きでしたが、アヤセせん曰く、一般レベルだとか。

小学校6年生の時は、アイドルグループ「嵐」の楽曲『Happiness』を聴いてファンになり、嵐のCDはほぼ揃えて持っていたようですね!

ちなみに、いくらさんの話題にも「ドッチボール」が出てくるのですが、アヤセさんはドッチボールな内野で無双状態になることが多かったそうですよ!

ヨアソビのいくら(幾多りら)の大学は?高校や中学と幼少時代まとめ。

ひろりんこ

いくらさんも、アヤセさんもドッチボールは強い!

YOASOBIのアヤセさんは、中学2年生くらいの時に、EXILEやaikoさんの音楽を聴いて、歌が好きだということに気づき、歌手になり、音楽でご飯を食べて行きたいと思うようになりました。

アヤセさんは、14歳の時に両親に歌手になりたいと伝えたものの…「勉強しなさい!学校に行きなさい!」と言わたようですね。

ひろりんこ

ちなみにアヤセさんは当時、ぐれていたそうです。

アヤセさんは「音楽やるから勉強なんて必要ない!」と思っていて、音楽を学校に行かない理由にも使っていたところがあったそうな。

ひろりんこ

本当に音楽しかやりたくない気持ちが優先されていたら、学校にも行きたくない気持ちもよくわかりますよ!

YOASOBIのアヤセさんはその後、高校に入学。

しかし、バンド活動をするので学校に行く暇もなく、行く必要もないとのことで、高校を退学しています。

ひろりんこ

アヤセさんのご両親の反応はどうだったのだろう?
気になるなあ。

アヤセさんのご両親は、本気で音楽の道に進もうと思っているのかを疑って板らしのですが、16歳のときにバンド活動を始め、毎月3〜4本ライブをして、真剣さが少しずつ伝わり、自然と応援してくれるようになったようですね!

ひろりんこ

アヤセさん、自分の好きな姿勢を貫いて、ご両親も暖かく見守ってくれたようですね!
なんかほっこりな良い話。

アヤセさんのご両親は、アヤセさん自身が親に伝えるよりも先に、向こうから連絡が来ることもあり、とても良い環境で音楽をやらせてもらっていると思っているようです。

スポンサーリンク

YOASOBIのアヤセのプロフィール

YOSOBIのアヤセさんのプロフィールです。

生誕:1944年4月4日
出身地:日本山口県宇部市
ジャンル:ポップス、ボーカロイド、同人音楽
職業:作詞家、作曲家、編曲家、ボカロP
担当楽器:シンセサイザー、キーボード、サンプラー、マニピュレーション、ボーカル
活動期間:2018年
事務所:ソニー・ミュージックエンタテインメント
共同作業者:YOASOBI
引用:ウィキペディアフリー百科事典

Instagram:Ayase Instagram

Twitter:Ayase Twitter

ひろりんこ

大好きな音楽一筋で活動しているなんて羨ましいです!

どのように楽曲を作っているの?

アヤセさん曰く、PCと楽曲ソフトだけで制作。
お金をかけなくても頑張れば意外に音楽は作れるとのことです。

楽曲を制作する上で、アナログの良さは、感覚的に音楽を作りやすいということ。
一方、デジタルは、いいフレーズやメロディー、リズムをコンピューターのソフトにいったん落とし込み、可能性の花を広げられる事がメリット。同じような曲ばかりできてしまう事がある。しかし、アナログとデジタルのバランスをうまく取って制作するのが理想的だとのことです。

YOASOBIのアヤセまとめ

YOASOBIのアヤセは、5歳の頃からピアノを習っていました。

中学校の時までずっとピアノをやっており、14歳のときに両親に音楽で食べてゆきたいと宣言。

16歳でバンド活動を始め高校を中退して音楽活動に励み、現在に至るという感じですね。

ますます大人気のユニットで期待が高まります。

これからも更なる高みへと飛躍しそうな予感…応援しています!

スポンサーリンク